和草ハーブサロン くつろか について|京都 大山崎の和草ハーブサロン くつろか ハーブボールとよもぎ蒸し

TEL. 0120-99-5634(完全予約制)

営業時間:10:00-17:00※金曜のみ20:00迄

営業日:水・木・金・土

about

和草ハーブサロン くつろかのセラピストについて

くつろか(寛か)とはゆったりとした様、心配ごとなどを忘れて伸び伸びする、心身をゆったり休める、気兼ねなくのんびりとふるまう、楽な格好になる、という意味の寛ぐの形容動詞でくつろかなりなどと使われる言葉です。

2009年に京都大山崎で鍼灸院、東洋医学治療院 くつろか として開院しました。様々な方にご利用頂いておりましたが2017年10月より治療の形態を変える事となりました。
2018年3月21日より和草ハーブサロン くつろか として産後ケア、女性の身体ケアを中心に日本の土で育った植物で和草ハーブボールを作り身体のケアやセルフケアの講座(ワークショップ)、和草(よもぎ)蒸しを通じリラックスする時間、自分の境界を広げ自分を見つめる時間や場としてオープンします。
皆様のお越しをお待ちしております。

→ 今までの東洋医学治療院くつろかのサイトはこちから閲覧できます>>

アクセス

店名 和草ハーブサロン くつろか
所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎谷田40-2
googlemap >>
TEL 0120-99-5634
営業日 水・木・金・土
営業時間 10:00~17:00
※金曜日のみ20:00まで
※最終受付1時間前まで
完全予約制(当日予約も可)
最寄り駅 JR山崎駅(徒歩7分)
阪急大山崎駅(徒歩7分)

セラピストについて

Yuriko(田邊 百合子)
和草ハーブサロン くつろか  セラピスト
 
神奈川県横浜市出身
6月24日 母の実家である島根県大田市にて生まれる

幼少期は横浜市で育ち大学時代にはじめてフィールドスタディでタイの少数民族の村へ行き東南アジアの民族衣装や雑貨や開発されすぎていない場所の暮らし方になんとなく惹かれ休みの度にタイを始めミャンマーやインドネシア、パプアニューギニアなど各国に3週間〜1ヶ月程度の旅をする様になる。また大学の授業で園芸を学び植物を育て収穫する楽しみを知る。卒業後は輸入関連の会社に勤務し雑貨の販売等を行う

2006年 仕事をやめてタイ、インド、カンボジアの3ヶ月の旅の途中 タイのチェンマイでタイ式マッサージを学ぶ。(タイのフレッシュハーブボールの講習をオプションで学ぶ)
これがきっかけで身体の奥の世界に興味を持つ様になり横浜中華街の足つぼのお店で勤務 並行して足つぼ フットケア 漢方養生法 アロマテラピーなどを学ぶ

2011年 結婚を機に京都の大山崎へ移住 フェイシャルやボディトリートメントについての知識を深めていく。フェイシャルケアについて興味を持ち2013年より皮膚科にてメディカルエステの施術を行う

2018年 山の麓に住んだ事により地に足をつけて植物にふれる暮らしをはじめ、庭で過ごす時間が好きで植物や地の力を感じ、植物を身体をケアしていきたいと考えたときに日本の植物を使い身体をケアする和草ハーブボールに出会う。
ハーブボールの施術や植物を通じた養生法などを伝える場として、身体をリセットし本来の自分にかえる場として 和草ハーブサロン くつろかをオープン


◇タイ古式マッサージロイクロ チェンマイ校 
・プロフェッショナルコースベーシック 修了

◇薬日本堂主催 日本漢方養生学協会
・漢方養生指導士 

◇NPO法人海・空・太陽
・ソーシャルアロマセラピスト

◇ 日本エステティック協会
・認定ボディエステティシャン
・認定フェイシャルエスティシャン

◇ 一般社団法人ハーブボールセラピスト協会  
・ハーブボールセラピスト